牛内モモ


あっさりとした食べやすい赤身肉の部位で、ローストビーフなどに最適です。肉バル系の飲食店さんにも人気!
牛内モモ

4つの部位に分かれる牛モモ!その中でも内モモは飲食店さんに人気の部位!

牛肉にはモモ肉と呼ばれる部位があり、値段も割安で多くの飲食店さまからよく仕入れていただいている部位となります。飲食店さまもご存知の通り、人気の部位となります。
まず、牛のモモは大きく分けると4つの部位に分かれているんです。まず1つ目が内モモ、2つ目がシンタマ、3つ目が外モモ、4つ目がランイチと言われる部位に分かれるんです。

筋が少なく赤身であっさりとした味わいでローストビーフにもってこい!

牛の内モモは、赤身の大きな塊になっていて、筋が少ない部位なのですが、肉質がきめ細やかということもない部位です。
小川畜産グループとお取引している飲食店さまではこの内モモをローストビーフ、ステーキ、焼肉などのメニューとしてお客さまにご提供しています。
また、好みの大きさに形が取れるので、すき焼きやしゃぶしゃぶなどにも使っていただいています。

いろいろな業態の飲食店さんから人気の部位!新メニュー開発にどうぞ!

牛の内モモは肉質が非常に柔らかくて、飲食店さまからも好評されている部位です。また、サシも程良く入っているので、お子様やお年を召したお客さまでも食べやすい部位になります。
いろいろな飲食業態のお取引先さまが欲しがる部位なので、もし今後、「新しいメニューを開発していきたいなぁ~」、「どんな肉メニューを展開しようかなぁ~」と考えている飲食店さまはお気軽にご相談ください!
牛肉・豚肉・熟成肉
に関するお問い合わせはこちら
>