牛肩ロース


霜降りがしっかり入っていて柔らかく、ほどよい食感と濃厚な味わいで飲食店さまからも大人気の牛肩ロース!
牛肩ロース

飲食店さんにとって便利ないろいろなメニューに使える万能の部位!

“牛肩ロース”は“肩バラ”の横の部位になります。牛肩ロースは大きくな部位で「見ただけでおぉ〜!これはインパクトがある!」ってなりますね。
牛肩ロースは、サシがキレイなのが特徴なんです。このサシのある辺りの部分を焼肉で使ったり、ステーキで使うことができるんです。
薄くスライスしてしゃぶしゃぶやすき焼きなどにして一番食べられている部位です。

しゃぶしゃぶやすき焼きとして冬場には爆発的に売れまくるのが牛肩ロース!

サシのきめ細かさがウリで、非常に食べやすい部位として飲食店さんからも人気があります。
小川畜産グループのお取引先では、この牛肩ロースをすき焼き、しゃぶしゃぶとして使っている飲食店さんの鍋メニューが、冬場にはとってもたくさん出るので、寒くなる11月くらいからは注文が殺到するほど人気です。
だから、すき焼きやしゃぶしゃぶなどの鍋のメニューを充実させたいという飲食店さんには是非使っていただきたい部位ですね!

ネックの部分は挽き肉を使ったメニューやコトコト煮込んだメニューに是非!

また、底の部分というのは“ネック”と呼ばれる部位になります。ネック=首です。ネックと呼ばれる辺りはハンバーグ、牛肉ミンチ、シチューなどに使うことができる部分です。色が濃い分やはり味が濃いんです。
だからハンバーグやメンチ、ひき肉材にして使われることが多く、寒い時期にはシチュー、牛スジとして使う飲食店さまもあります。
冬場になるとこういった部位は人気が出てくるので是非どうぞ!
牛肉・豚肉・熟成肉
に関するお問い合わせはこちら
>